プロフィール.

プロフィール

 

高野稔子(たかの としこ) 

 石川県生まれ

10代はhiphop, 20代はベリーダンス、ヨガを経て、

フラ、タヒチアンダンスに出会う。

 

当時所属していたチームで

2006年『Heiva i Tokyo』(タヒチアンダンス全国大会)

オテア、アパリマ、アフプロトウ部門 団体部門出場 

オテア1位、 アフプロトウ2位

 

メディア出演

・雑誌

全国紙 「からだにいいこと」2015年 6月号 くびれ特集

・テレビ
MRT宮崎放送「GOOON!!!」
UMKテレビ宮崎 『スーパーニュース」

・ラジオ
MRTラジオ『テラススタジオ ここからこんにちは!』

 

ダンスと衣装がが好きで始めたタヒチアンダンスですが、

産後のくびれ作りに劇的な効果があったので

『タヒチアンダンスでくびれメイク』

とくびれに特化したダンスエクササイズをやっています。

タヒチアンダンスの動きはインナーマッスルを強化し、

女性ホルモンアップ、月経血コントロール、尿もれなど、

女性特有のお悩みに絶大な効果があります。

 

初めてタヒチアンダンスに出会ったのは、

中学時代、漫画の主人公が着ていたパレオと

髪に飾った花に釘付けになる。

大学在学中より、その衣装の国を探すために

バックパッカーの旅に出る。

 

当時インターネットがなく情報がなかったため、

タイ、インド、インドネシア、スリランカ、

ネパール、パキスタン、アメリカ、韓国を旅する。

先々で、現地の踊りを体験する。

 

パキスタンで出会った旦那さんと

結婚、

1人目から3人目を妊娠、育児中に

ベリーダンス、アフリカンダンス、ヒップホップを

習う。

その後フラを始めた時に、フラの雑誌でタヒチアンダンスの特集を見て、

自分の探していた衣装はタヒチのものと発覚。

その後フラと並行して、タヒチアンダンスを始める。

その後フラを10年、タヒチアンダンスを6年学んだのちに

独立。

2011年より宮崎県在住

 

幼少期より自分の外見に自信がなく

自分の女性性が受け入れられず、

うまく自分を表現できない

学生時代を過ごしていた。

ダンスで自分を表現することにはずっと憧れていて、

いろんなダンスに

チャレンジして、

最終的に

タヒチアンダンスに行き着く。

 

衣装はセクシーだが、

動きは速く、優雅で、かっこいい。

タヒチアンを踊るうちに

自分の女性性を受け入れられるようになった結果、

「自分は女性として大切にされるのが当然の存在である」

『周りの男性は全員自分に優しい』、

という世界観で生きれるようになる。

 

のべ100人以上の人たちに

ワークショップ、動画講座、レッスンなどを指導。

タヒチアンを始めて、

3ヶ月で5kg痩せ、

ウエスト7センチ減、

不妊が解消、妊娠した、

生理痛が軽くなる、

彼氏ができた、

同窓会でモテまくり、

腹筋がでてきた、

産後太りが解消した、

 

などの嬉しい声をいただいています!

投稿日:2017年4月16日 更新日:

執筆者: