タヒチアンダンスって,どんなダンスですか?

 

 

こんばんは!5児の母タヒチアンダンサーのとっこです。

 

「タヒチアンダンスをやっています」

と、いうと

 

「フラとどう違うの?」

「タヒチアンダンスって初めて聞く」

「どんなダンスですか?」

「ベリーダンスとどう違うの?」

 

こんな質問をよく受けます。

 

 

 

タヒチアンダンスの起源

flower

タヒチアンダンスの起源、調べてみると、そこにはやっぱりポリネシア人たちが築いてきた歴史がありました。

大昔、ポリネシア人たちはサモアやトンガに移住し、今でいうポリネシア文化の起源をつくりました。そして、彼らはさらに自由と夢を求めて太平洋へとカヌーで渡ったそうなのです。そこで最初にたどり着いたのがタヒチなどの美しい島々。

ポリネシア人たちがそんなタヒチの島で生活していく中で、神様へ祈るときや、仲間たちとの娯楽として踊っていたダンスや歌、音楽が今のタヒチアンダンスの起源であるといわれています。

 

 

フラとタヒチアンダンスの違い

t_beach

タヒチの島でポリネシア人によって生み出されたタヒチアンダンス。

彼らがタヒチに移り住んでから数百年が経った後、タヒチアンとなった子孫たちは再び太平洋へと進出します。その中でも北へ北へと向かった人々が、あのハワイ諸島へとたどり着くのです。

そうやってハワイに流れ着いたタヒチアンダンスやポリネシア文化がその後、ハワイの中でさらに独自の文化へと変化&成長し、そこから生まれた踊りがフラとなった、というわけですね。(※諸説あります)

フラのルーツがポリネシア文化にあるという考えは確かなようです!

 

 

pau2

 

踊りの面では、ゆったりとした音楽で腰をスローに動かす踊りがフラで、ドンドコ太鼓が鳴っていて激しく腰を動かす踊りがタヒチアン…というイメージがありますが、やっぱりその違いは圧倒的なスピードなのでしょうか。それと、タヒチアンのほうがワイルドで野性的?

タヒチアンには踊りの種類が大きくわけて2つあります。

それは「オテア」と「アパリマ」。
先程の、パーカッションやドラムビートのリズムだけで腰を激しく動かす踊りが「オテア」と呼ばれています。

 

love hawaii kyusyuの記事より引用させていただきました

 

タヒチアンダンスには3つの種類があります。

 

 

1.オテア(O’tea)

 

オテアはタヒチの伝統的なダンスで、パーカッションに合わせ、腰を速く動かします。

オテアは、 タヒチからの伝統的なダンスであり、急激なヒップ・シェイキング・モーションと打楽器の伴奏が特徴です。

踊りは、速いリズムで音楽のみ(ドラム)であり、歌わない。 ドラムはさまざまなタイプのものの1つで、1本または2本のスティックで打たれた縦のスリットを持つ木の横たわったスリットドラムです。ソノタのドラム・タイプには、より遅いリズムで演奏されたパフ (古代のタヒチアン、サメの皮で覆われ、手や棒で打たれた立っているドラム)、または小さなドラムが含まれます。

ōte はタヒチの最高の壮大なダンス、多分ポリネシア全体のものであると考えられています。 [ 要出典 ]

 

 

 

こちらはタヒチの有名なグループ

Tahiti ORAによるオテアです。

 

センターのダンサー、moeana  がセクシーです ♡

 

後の2つアパリマと、アフプロトウは追って紹介しますね!

 

 

楽しく踊ってウエスト−5㎝ 7日間動画講座はこちらです!

 

コメントを残す