ダンスと健康

猫背を治して、まっすぐ立って産後の不調を治すための簡単な方法

投稿日:2017年12月27日 更新日:

腰は全身の要

Iaolana!

5児の母タヒチアンダンサーのとっこです。

 

みなさんは、出産をして体型が崩れたという経験はありませんか?

 

産後は3週間寝ていなさいと言いますよね。

最近はお母さんが産後、寝ていることが十分にできずに1〜2週間で仕事に復帰しなければならないケースも増えてきました。

 

出産後は腰がグラグラになる

出産後は妊娠中の体を緩めるホルモンが出て関節が柔らかくなっています。

特に股関節を柔らかくしてくれます。

そして出産時には骨盤が大きく開き、赤ちゃんの頭が出てくるために産後はお母さんの骨盤がグラグラになり、子宮は伸びきっている状態から、3週間寝ていることで立って動けるようになるのです。

3週間経っても、子宮はだいぶ元に戻りますが、骨盤が元に戻るまでには3〜6ヶ月かかります。

(個人差があります)

その上、赤ちゃんを抱っこする姿勢が増えるために腰に負担がかかってしまいます。

 

妊娠中に腹筋も伸びきってしまう

 

妊娠中は後期にもなると赤ちゃんが大きくなって反り腰になり、バランスが悪くなり

あまり腹筋を使わなくなる人も増えます。

妊娠中から腹筋を鍛えておくことが必要です。

 

 

腹筋と背筋のバランスをよくして、まっすぐに立つ

 

腹筋と背筋が正しくつくと

骨盤をしっかり立てて、腰を固定することが出来、
うまくバランスを取って立てるようになります。

1度正しい姿勢が身につくと
うつくしさはもちろん、
やせやすくなったり、
肩こりがなくなったり、
胃腸の調子がよくなったり、
健康面でもいい事が起こります。

体が本来の位置に戻ることで、パフォーマンスが良くなるためです。

 

まっすぐ立つってどうやるの??

子供達をみてください。

最近は猫背の子が増えてきたようですが、それでも大人たちよりはずうっとまっすぐに立っています。

お手本は子供達になるように頑張りましょう。

 

かかと、お尻、肩甲骨、後頭部を壁につけます。これがまっすぐな姿勢です。

後ろ重心に感じ、変な感じがするかもしれませんがこのバランスを日常でも忘れないでください。

 

次に、お尻の穴を締めます。膣と、骨盤底筋を占めます。この状態で自然に骨盤が起きている状態になります。そのまま腹筋と、背筋で骨盤を支えるようにします。

日常的に骨盤が寝ている人が多いので、気づいたら骨盤を起こしてまっすぐに立ちましょう。

 

まっぐ立つだけで、体のパフォーマンスが良くなり、肩こり、腰痛、頭痛、内臓疲労、などが軽減され疲れにくい体になることができます。

 

 

 

 

-ダンスと健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【昔の女性の知恵】生理痛を和らげる、月経血コントロールって何?

こんにちは、5児の母でタヒチアンダンサーのとっこです。 皆さんは生理痛はひどいほうですか? 生理は12、13歳ごろから始まって50歳ぐらいまでの35年間お付き合いするものです。 個人差が多いものですが …

忙しすぎて気分が落ち込んだ時に、フラダンス、タヒチアンダンスで幸せホルモンをアップする方法3つ!

こんにちは! タヒチアンダンサーのとっこです。     皆さんはどんなときに幸せを感じますか? 好きな人といるとき? 美味しいものを食べているとき?旅行に行っているとき? 家族で過 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。