肌の老化防止には日焼け止めが必須!オーガニック日焼け止めのオススメは?


こんにちは、とっこです!

もう3月も終わりですね。

 

もう紫外線が結構強いので、日焼け止めは必須です。

紫外線対策をしっかりしないと肌の老化が進み、気付いたときには日焼け対策をしっかりしておけばよかったー」

ということになりかねません。

 

アンチエイジングのためにも日焼け対策をしっかりしましょう。

肌に優しく、子供とも兼用できるオーガニック日焼け止めについて調べてみました。

スポンサーリンク


なぜ日焼けすると肌が老化するの?

 

 引用 日本ロレアル

 

肌老化のしみ、シワの原因となるのが紫外線UVA, UVBです。

UVBは皮膚の中でメラニンを生成してシミやくすみの原因になります。

UVBはレジャー紫外線と呼ばれています。

 

またUVAは真皮に達し、コラーゲンやエラスチンを傷つけて、シミやたるみの原因になると考えられています。

UVAは生活紫外線と言われています。

 

日焼け止めをきちんと使い、紫外線をきちんと対処するとアンチエイジング効果は最強!

紫外線を防ぐ化粧成分として日焼け止めに配合されて入る成分は2つあります。

紫外線を皮膚の上で分散させて皮膚への侵入を防ぐ

「紫外錯乱剤」と紫外線を吸収し熱エネルギーに変換する「紫外線吸収剤」です。

肌の老化の原因で一番大きいものが紫外線の影響なので、日焼け止めをしっかり塗って紫外線対策をすることが最強のアンチエイジング対策になります。

 

紫外線を防止する強さはSPFとPAの数値で表されている

 

一般的に紫外線吸収剤はSPF、PAが高いものが多く、錯乱剤を主成分とするものは、あまりSPF, PAが高い数値にならない傾向にあります。

SPFは数字、PAは+の数で表されます。

日常生活の日焼け止めならSPF30くらいあれば、効果は十分

 

物理的に紫外線を反射する錯乱剤の方が、紫外線吸収材よりも肌には刺激が少ないです。

日々使うものだからこそ、刺激が少なく、落としやすいものを使いたいですよね。

日常生活ならSPF30ぐらいで十分です。

 

SPFの高すぎるものは肌への負担が大きいので、赤ちゃんや小さなお子さんがいる方はほっぺスリスリやチューができるように

肌に負担のないオーガニックの日焼け止めをオススメします。

 

長時間屋外で活動するときはSPF,PA値の高いものを選ぶように心がける

 

長時間屋外にいるとき、海やレジャーの時はSPF、PAが高く、ウオータープルーフの日焼け止めでしっかり日焼け対策をしましょう。

帽子とサングラス、長袖のパーカーなども忘れないように着用してくださいね!

 

日焼け止めの種類

スポンサーリンク

ジェルタイプ

 

伸びがよく、さっぱりした使用感で人気なのがジェルタイプの日焼け止めが最近人気です。

ジェルの主成分は水なので、吸収材水なので、吸収材や錯乱剤を溶け込ませるためにエタノールなどの溶剤を使って入るので刺激になりやすい側面もありますので敏感肌の人はパッチテストをしてから使う方が良いでしょう。

 

オーガニック日焼け止め

オーガニック日焼け止めの良い点は、低刺激な点です。

オーガニックではない日焼け止めには「紫外線吸収剤」が肌荒れやかぶれを引き起こしてしまう可能性があります。

一方、オーガニックの日焼け止めの主成分の「紫外線錯乱剤」はノンケミカルなので、肌への負担が少なく、敏感肌の方や赤ちゃんでも使いやすいのです。

 

オーガニック日焼け止めで他に肌をケアする成分

これらが一緒に含まれているものを選びましょう。

オーガニックの日焼け止めに一緒に入っていると良い成分

・保湿成分…シアバター、マカダミアンナッツオイル、ヒルアロン酸 など


・紫外線によるダメージケア成分…ラベンダー(消炎効果)ローズウォーター(美肌効果)、アロエエキス(保湿、ダメージケア)、カモミールエキス などが一緒に含まれているものを選びましょう。

オススメの日焼け止め2018

 

ママバター UVケアクリーム

 

昨年使ってみてよかったのは、「ママバター」のUVケアクリームです。

保湿や浸透力にすぐれた天然由来のシアバターを配合した日焼け止め。

安全な成分なので日焼け止めをつけた後でも、安心して子供にご飯を出したりできます。

多少白くなりますが時間とともに落ち着いてきます。

子供や、赤ちゃんにも使えます。

 

  • ノンケミカル
  • SPF30 PA+++
  • 石けんで落とせる
  • 5種類のアロマを配合し虫など外的刺激から守る

などの特長があり、赤ちゃんや敏感肌の方でも使える処方です。

肌表面をさらさらに仕上げてくれるので、化粧下地としても使えました。

 

ALOBABY UVクリーム

赤ちゃんに使うなら、

新生児から使える、国産材料使用にこだわるならがオススメです。

お母さんと兼用できます。

こちらも天然のエッセンシャルオイル使用で白浮きしにくく、お母さんと兼用できます。

 

 

まとめ

*日焼け止めの成分には、紫外線吸収剤と、紫外線反射剤がある

*紫外線吸収剤の方が肌に負担がおおきい

*オーガニック日焼け止めは肌に負担が少ないので子供と兼用できる。

*シーンによって、日焼け止めのSPF値の高いものと低いものを使い分ける。

*日常の紫外線対策ならSPF30でも充分な効果がある。

スポンサーリンク

 

 

紫外線は3月から強くなってきて、5月にピークですよ!

今から紫外線対策を抜かりなく始めましょう。

 

facebookやっています

コメントを残す

CAPTCHA