初心者がタヒチアンダンス、フラダンスを上達する方法


タヒチアンダンスやフラダンスを始めたばかりの時は、とにかく上手な人に追いつきたい、

綺麗に踊りたい、みんなについていけるようになりたいなど色々なお悩みがあると思います。

いくつかのコツをつかむことで周りの人よりも早く上達することができます。

私が初心者の頃に色々な方法を試した中で効果があった上達法を教えます!

 



 

 

 

習い事や、仕事などは何事も1万時間を超えると上達する

 

何事でも「1万時間」を超えると上達すると言われます。

1日1時間として1万日=29年弱。。。

1日3時間なら、10年。。。

 

「それは、世界トップレベルの音楽学校でバイオリンを学ぶ学生たちを対象に、彼らの能力の差が、一体何によって生まれているのかを調べた研究です。エリクソン教授は、生徒たちが学校に入るまでの練習時間と練習方法を調査することで、彼らのバイオリンの能力の高さは、これまでの練習の合計時間によって説明できる、としたのです。つまり、「能力が高い人は、他の人よりも長時間の練習を積んでいる」ということが、この研究によってはっきりと示されたのです。」

引用 GQカルチャー

 

なので初期の頃に集中して練習する時間をどれだけ取れるかが大事になってきます。

しかも最初の頃の成長曲線は伸びがすごいので最初の頑張りでその後の伸びが決まってきます。

 

 

 

1、好きなパレオ、パウスカートを着る。

 

モチベーションを上げるためにとにかくかわいいレッスン着を準備することが上達の秘訣です。

タヒチアンダンスはパレオ、フラはパウと呼ばれるレッスンウエアです

鮮やかな色から、シックな色、モノトーン、手染め、ろうけつ染め、バティック、など

色々なプリント、染めのものが揃います。

色々なサイトやショップを見てお気に入りの1枚を見つけましょう。

 

参考記事

・初心者のタヒチアンダンスのレッスンウェアはどんなのがいい?

 

、CDや、youtubeなど、なんでも良いので音源を準備する

 

タヒチアンダンス、フラ、他のダンスでも最初のリズムが頭の中に入るまでは

しつこく再生して、体でリズムを刻めるようにする必要があります。

絶対リズム感? 相対リズム感?という言葉があるのかはわかりませんが、ずっとやっていると

そのうちに頭でリズムを刻めるようになってきます。

ダンスとリズムはセットです。

できるようになるまで頑張りましょう。

 

3、家でも、とにかく体を動かしてみる。

 

最初の1−2年は基本的には毎日1−二時間体を動かしていました。

半年ぐらいの赤ちゃんのお昼ね中にストレス解消も兼ねてやっていました。

 

私のやっていたダンスの練習メニュー例です。

ストレッチ  5分

ベーシックステップ 10分

振付のある曲 15分

フリースタイル 5分

みたいな内訳でした。

 

特にフリースタイルで体を動かしておくことで、ソロの表現力を鍛えることになりストレスの解消にもなりました。

スポンサーリンク


4、レッスンは答え合わせの場と心得る

 

家で練習しておくことでレッスン当日をさらに学びの多い時間にすることができます。

 

家では、毎週のレッスンの課題曲をばっちりやっておくことでレッスン当日は余裕を持って

迎えられることができます。

時間がなければ、家事をしている間や、車に乗っている間に曲を鳴らしておくだけでも構いません。

なれるまでは時間のある時はできるだけ、今やっているダンスのリズムや歌詞、メロディなどを覚えることを心がけましょう。

寝る前に動画や、音楽を聴くと寝ている間に記憶が定着するそうなので、本番の前は寝る直前に練習するようにしています。

 

5, 苦手なところをとにかく繰り返して練習する

私は1日30分の練習時間を取っていましたが、皆さんもそのぐらいの練習時間を取れる方がほとんどではないかなと思います。

課題曲の中の、苦手なところ、つまづくところというのはほとんどが「今までにやったことのない動き」です。

やったことがないので。手と、足の動きがバラバラになってしまいます。

この場合、足は足で、手は手で分けて練習します。

そして、それぞれができるようになってから手と足を合わせて、そのフリを集中的に練習します。

 

簡単にできるところは自分がすでにできているところなので、何度も繰り返しても上達にはつながりません。

時間を有効に使うことで劇的に技術が向上します。

まとめ

大事なことは習慣にしてしまうことです。

やらないと気持ち悪いぐらいになると、ダンスが日常の一部になります。

その頃にはきづいたら、上達していた!となっていると思います。

頑張ってくださいね!

 

 

関連記事

 

→初心者のタヒチアンダンスのレッスンウェアはどんなのがいい?

→初心者がタヒチアンダンス、フラダンスを上達する方法

→タヒチアンダンス,フラの基本姿勢診断、反り腰or猫背?

→ダンスで筋トレ!飽きっぽい人も楽しく続ける方法

→タヒチアンダンス、フラダンスが上達するには? 人に見せるためのダンスで大事なこと

→【まとめ】タヒチアンダンス初心者が上達するコツ まとめ

→【まとめフラ初心者が上達するための7記事

→ダンサーにオススメの脱毛サロンはどこ?

 

 

 

スポンサーリンク


石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝 
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA