タヒチアンダンスの衣装の材料はどんなものを使う?


こんにちは、とっこです。

 

ただいま次回のタヒチアンダンスショウのための衣装を作成しています。

今回は、新しくオテアという打楽器で踊る曲のための衣装を作ります。

タヒチアンダンスの伝統的な衣装はヘッドドレス、ヒップベルト、スカートなどに植物素材、羽などを使っています。

最近は、値段や扱いやすさの点から人工素材も使われていますが、ケースバイケースで許される場合とそうでない場合があるので

詳しく見ていきたいと思います。



タヒチアンダンスの材料にはどんなものがある?

タヒチアンダンスの衣装材料1 タパ(木の皮を薄く伸ばして叩いたもの)

樹皮を叩いて薄く伸ばしたもの、スカートやヘッドなどに使われる。

ポリネシアで、樹木の内皮をたたいてつくる樹皮布。樹皮布は熱帯地域にみられるが、ポリネシアでつくられているものはとくに精巧で、タパの名で知られている。タパの原料としてはカジノキを用いることが多い。製法は、木から樹皮をはぎ、その内皮を水につけて柔らかくし、木台にのせて専用の木槌(きづち)で薄くたたき延ばす。これを広げて乾燥させ、穴や弱い部分を補修してから所定の大きさにつなぎ合わせる。白布として用いられるもののほかに、手書きや、図案を切り抜いた型板の上に白布をのせ拓本をとる要領で模様がつけられるものもある。模様と色調には、地域により伝統的とされるものがある。タパ作りはおもに女の仕事で、少女は5、6歳ころから手伝い始め、15、6歳ころにはひととおりの技術を体得する。

出典ことバンク

タヒチアンダンスの衣装材料2 羽

画像引用 pintarest

 

タヒチアンダンスといえば羽の衣装を連想する人も多いと思います。

羽は雄鶏の羽が主に使われていて、色あざやかな色に染められています。

頭の装飾のヘッドドレス、腰につけるヒップベルト、ブラにつけたり、腕につけたりするときもあります。

 

タヒチアンダンスの材料3 貝



 

タヒチは美しい真珠の産地としても有名です。

黒蝶貝の中にできる真珠は黒真珠、

白蝶貝という貝の中にできる真珠は白い真珠です。

 

その、母貝の貝殻を形を整えて飾りに使うことが多いです。

丸や、ひし形、花の形などに整えてヘッドドレスや、ヒップベルトの装飾、ドレスに直接縫い付けたりします。

 

タヒチアンダンスの衣装材料その4 花

 

タヒチやハワイなどポリネシア現地では、生花が豊富にあるのでレイやハク(頭の冠)などにして使います。

ティアレ、ハイビスカス、プルメリア、オヒアレフア、など歌詞に関係ある特定の花を使う場合もありますが、

その時に旬の花をランダムに使う場合もあります。

ティアレはタヒチの国花で、耳の横や、お団子にした髪につけたりします。

 

日本では生花は手に入りにくいので造花のレイやハクも使われることも多いです。

フラショップで手に入りますが、百均のものも使えます。

 

タヒチアンダンスの衣装材料 その他

 

その他もいろいろな自然素材が使われています。

パンダナス、ラウハラ、ティリーフなどの葉っぱ類を加工して、

スカートから、頭の飾り、ヒップベルト、ブラまでなんでも作れます。

 

フレッシュとドライを使う場合があります。

 

 

まとめ

*タヒチアンダンスの材料にはいろいろなものがあるが、基本的には天然素材を使う。

*予算を抑えたいとき、ポリネシア以外の国のダンスチームで生花やフレッシュ素材が手に入らないときは

造花や、人口素材を使うこともある。

*フレッシュの素材を使うことは自然のマナ(自然の神秘的な力)を身につけることでもあるので、ダンスの大会、

神様への奉納、結婚式などのセレモニーなどの大事な場面では、原則として天然の素材を使う。



facebookやっています

コメントを残す

CAPTCHA